スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

大規模修繕の豆知識の記事一覧

建物の修繕箇所を知る【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   前回のブログ記事 で大規模修繕工事の周期について書きました。 おさらいです。 ポイント①:国交省が定めたガイドラインや、塗料や部材の耐久年数などから、およそ12~15年程度に1回の目安で大規模修繕を行うこと。 ポイント②:先延ばしにするには、高耐久な材料や工法などを選択することで次の修繕までの期間を少しでも延長できる可能性をお伝えしました。   では、そもそもアパートやマンションの修繕の際、何をどこまで修繕する必要があるのでしょうか。 大規模修繕をやらなくてはいけない事は分かっていても、具体的にどんな工事が必要か分からない。 どの工事からするのがいいのか?後回しにしてもいい工事はあるのか?それは何か? オーナー様が所有する物件の修繕を検討された際、最初にぶつかる疑問ではないでしょうか。   建物の構造や立地、規模にもよりますが、一般的にメンテナンスが必要とされる項目にはこんなものがあります。 所有されている物件と照らし合わせてみていかがでしょうか。 あれもこれも、と気になるところが出てきますよね。 一度に全ての修繕を行うことができればいいですが、そうなると多額のコストがかかります。 また、構造や立地など建物の環境によってその劣化状況は様々です。 一概に全てのメンテナンスが同じタイミングで必要とは限りません。 劣化の進行が浅く、まだ改修工事の必要がないのでれば、そこは時期を先延ばししても問題ありません。 逆に、劣化状況に合わせて最適な施工を行わなければ、せっかくの大規模修繕も無駄になってしまう可能性があるのです。   そうならないように、まずはどの部分がどの程度劣化しているのかを正しく知る必要があります。 しかし、その劣化状況をオーナー様自身で全て正しく測ることは難しいため、信頼のできる業者へ依頼されることをおすすめ致します。 建物の劣化診断は、人間でいう健康診断と同じです。 そして不具合が見つかれば専門のお医者様に診てもらうのと同様に、建物や工事の専門知識を持ったプロが診断を行うことが必要です。 プロとは、塗装や防水を専門に行っている業者であり、相応の知識や資格を持ち合わせた担当者です。 やはり餅は餅屋。 一番正しい判断と報告をオーナー様にお伝えすることができます。 現在の劣化状況をまずは正しく診断し、オーナー様が現状を知るということが重要です。 築年数や劣化状況、その他のあらゆる観点から見て、修繕の緊急性がなければ時期を先延ばしにするご提案も可能です。 修繕箇所が少なければ、もしくは劣化の進行が浅ければ、少額の費用で済むこともあります。   だからこそ、おおよその時期に無料診断を行うことをおすすめしています。 エスライフデザインでは、劣化診断士の資格を保持しているアドバイザーが診断を行います。 建物診断、調査報告、お見積までは無料で承っておりますので 今の建物の状況を把握するためにも、ぜひお気軽にご依頼ください。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 建物劣化診断、修繕箇所のご相談 についてもお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月27日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識新着情報

大規模修繕工事の周期【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   東京オリンピック、ついに開幕しましたね! 開催に至るまでいろいろとありましたが、4年に一度(今回は5年でしたが)のこの大会。 コロナ禍でたくさんの制約がある中、ひたむきに戦っている選手の姿は本当にかっこいいですね! そんな大活躍をTV画面越しに応援している今日この頃です。   さて本日は、4年に1度ならぬ〇〇年に1度の大規模修繕周期についてのお話です。 マンションやアパート、資産物件をお持ちのオーナー様 今お持ちの物件は築何年くらいでしょうか? もしくは、前回の大規模修繕工事を行ってからどのくらい年数が経っているでしょうか? 建物は、長い間手入れをせずに放置していると様々な劣化が進みます。 そして劣化が進行すればするほど、修繕時のコストが余計にかかり、大きな支出となってしまうケースがあります。 必要以上に大きな費用をかけずに済むには、定期的なメンテナンスを適切に行う事がポイントとなってきます。   大規模修繕の周期は12年周期ってホント?! 大規模修繕の周期は、一般的に12年~15年程度に1度と言われています。 これには2つの理由があります。 1つは、国土交通省が定めている【大規模修繕計画作成ガイドライン】に、以下のように記されているためです。 計画期間は、新築マンションの場合は、30年以上とし、既存マンションの場合は、25年以上とします。 計画修繕工事の実施時において修繕積立金が不足することがないように、多額の推定修繕工事費が見込まれる年度を含むように計画期間を設定する必要があります。(中略) また、外壁の塗装や屋上防水などを行う大規模修繕工事の周期が12年程度ですので、見直し時には、これが2回含まれる期間以上とします。 (引用:国土交通省|長期修繕計画作成ガイドライン 「5 計画期間の設定」) このガイドラインが12年に1度の理由となっています。 管理会社さんでも、国が定めるこのガイドラインに沿った長期修繕計画を作っているところが多いはずです。   2つめの理由としては、建物に使われている建材・部材が関係しています。 一般的に、マンションやアパートに使用されている塗料・防水材・タイル等の建築部材には、メーカーが出している期待耐久年数や保証期間があります。 その期間が、塗料の耐久年数でだいたい10年~15年程度、保証年数で長くても10年程度という場合が多いです。 (この数字は、建物の立地や日当たりなど環境にも左右されます) そのため、10年を過ぎると一度点検を行い、劣化状況をみて次の修繕を検討する必要があります。 また、例えばタイルの割れや欠損があった場合、そのタイルを交換もしくは新規に貼らなくてはいけません。 しかし、およそ15年に1回程度の割合で、タイルなどの商品はリニューアルされています。 該当商品の在庫がなければ、同メーカーの後継品やよく似た商品での代替となるので、どうしても出来上がりに見た目で差が出てしまうことが多いです。 そのため、あまり古い材料の場合は手直しが難しいケースもあります。   大規模修繕の周期を延ばすには? 大規模修繕の周期がおよそ12~15年であることは上記の理由からとなります。 しかし、オーナー様にとってみれば「12年に1度?あっという間だな」という印象を持たれたり、 「頻繁に大規模修繕を行うと費用がかかりすぎる!」と心配に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 いくら必要な事とは言え、大きなコストがかかる大規模修繕。 さらには足場が架かるなどで居住者や近隣にも気を使う事が多々出てくるので、できるなら少しでも先延ばしにして回数を減らしたいですよね。   それには高耐久な修繕工事を行うことがポイントです。 例えば、外壁塗装の塗料の耐久年数ランクを上げる、修繕する際の部材や工法などをよりしっかりとした高耐久なものを選択することです。 これにより、耐久年数が長くなり、12年のスパンから少しでも先延ばしにすることが可能となります。   建物の将来的な寿命を延ばすにも、現状把握と修繕計画はとても重要です。 12年の修繕時期が迫っていたとしても、劣化状況によっては少し工事を先延ばしにできるかもしれません。 もしくは、修繕が必要な箇所を予め選定し、必要な箇所を少しずつメンテナンスする手もありますね。 まずは建物の現状=劣化進行具合をしっかりと把握し、長期修繕計画の見直しをしてみるのはいかがでしょうか。 現状把握と修繕項目の選定は、また別の記事でご紹介しますね。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 建物劣化診断、長期修繕計画の見直し についてもお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月26日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識新着情報

コンクリートの押出し・露筋と補修作業②【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   本日は、コンクリートの押出し・露筋と補修作業②と題しまして いよいよ補修作業の様子をお届けします。 前回の記事をまだお読みでない方は こちら からご確認ください。   こちらは、爆裂部のコンクリートをはつり、露出してしまった鉄筋の錆を落としました。 こちらは鉄筋こそ見えていませんが、大きめのコンクリート片が欠落している箇所です。 このように欠損部をはつり落とし、鉄筋を防錆処理した後に エポキシ樹脂モルタル充填工法にて補修しました。 使ったのはこちら まずは、プライマーと呼ばれる小さな缶の下塗材をハケで塗布します。 防錆効果のある乳白色の接着剤のようなものです。 続いて、丸い缶が2つありますが、これは主剤と硬化剤が分かれているタイプの材料です。 そのため、計量ばかりを使って、それぞれ規定の量をしっかり混ぜ合わせます。 柔らかい粘土のようなパテを押し付けるようにしてプライマーの上にくっつけていきます。 こんな感じにくっつけたら、金ゴテなどで平らにしていきます。 後は、パテがしっかりと乾くまで養生すれば完了です! いかがでしょうか。 補修跡については、この後塗装してある程度目立たない状態になります。 ちなみにこちらは同じ建物の北面です。 塗膜の浮きや剥離が多くあり、補修直後はこのような状態になっていました💦 このような箇所ももちろん、塗装で目立たなくなりますのでご安心くださいね。   補修作業については、モルタル以外にもタイルやシーリングなど他にも様々な作業があります。 そちらもまた改めてご紹介致します。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 日進市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 無料の建物診断、ひび割れなど劣化箇所補修のご依頼も どうぞお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月19日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識現場日記新着情報

コンクリートの押出し・露筋と補修作業①【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   本日は、 二次調査について の内容の続き、調査後の補修についてです。   足場がかかり、二次調査を行った後、補修作業に入ります。 (※建物の構造や劣化状況等によって、洗浄やシーリングなど他の工程と作業順が変動する場合がございます)   中でも今回はコンクリートの押出し露筋による爆裂部補修についてですが、 まず、コンクリートの押出しおよび露筋とは?からご説明します。   建物にひび割れが発生すると、隙間から水分や炭酸ガスが浸入します。 それによりコンクリートの中性化を促進させてしまいます。 中性化とは、酸化によって生じる鉄筋コンクリートの劣化のことを言います。 中性化が進むと、ひび割れはさらに広がり、中の鉄筋にも錆が生じやすくなります。 鉄筋が錆びてしまうと体積が膨張するため、その分コンクリートが押し出されてしまいます。 押し出されたコンクリートはやがて剥がれ落ち、このように鉄骨が見える状態になります。 これがコンクリートの押出しおよび露筋と呼ばれる劣化症状です。 コンクリート片の落下などで万が一住人に迷惑がかかる可能性もあるため、早急に対処が必要な危険な症状でもあります。   補修方法として、まずは押し出されたコンクリートを削り取ります。 露出した鉄筋の錆を、ワイヤーブラなどを使ってしっかり落とします。 だいぶ綺麗になりました✨ 錆を落とせたら、エポキシ樹脂モルタルという方法で補修していきますが 長くなってしまうので、続きはまた次回にします。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 日進市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 無料の建物診断、ひび割れなど劣化箇所補修のご依頼も どうぞお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月17日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識現場日記新着情報

二次調査について【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   本日は、二次調査についての内容をお届けしたいと思います。   私どもエスライフデザインでは、建物診断(現地調査)を2回行います。 まずは、お問合せを頂いた場合、劣化診断書や見積りを作成するための現地調査。 劣化箇所の写真を撮ったり、見積りに必要な各所の計測などをします。 そして、足場架設後に改めて二次調査を行います。 建物の構造にもよりますが、2階以上の高所や屋上など、足場が架かってからでないとしっかりと見れない箇所があるからです。 一般的に外壁のひび割れや塗膜の劣化は、低い所よりも高いところのほうが多いと言われています。 東西南北、日当たりや湿気などでも変わってきます。 1回目の現地調査時に見る事ができなかった箇所も含め、補修が必要な箇所を足場架設後に改めて確認して回るのです。   こちらは築30年程のRC造4階建てマンションです。 まずは打診棒を使い全体をくまなく回ります。 棒を軽く持ち、上下左右に大きく転がすと、その反響音によって塗膜やタイルの浮きや爆裂箇所などを発見することができます。 こちらは2階のベランダです。 上から見るとタイルが浮いて隙間ができていることがよく分かりますね。 こちらは階段天井の角部分です。 一見、ただのひび割れに見えますが実際に触ってみると簡単にボロボロと崩れました。 躯体の中にある鉄が錆びて膨張、コンクリートが爆裂している状態です。 このくらいのサイズとはいえコンクリートの塊です。 もし居住者の方が階段を通行中に落ちていたら... 怪我をしてしまう可能性も考えられます。 こちらは3階角部屋のベランダです。 写真で右端に見切れているのがベランダに出入りするサッシです。 このちょうど角にあたる部分も浮きが確認されました。 ハンマーで軽く叩いてみると、ごっそりコンクリート片が取れてしまいました。    1センチ以上の厚みがあり、分割しても重みを感じるほどのサイズ感! かろうじて壁にくっついていただけという状態でした。 自然落下する前に発見できてよかったです。   このような浮きや爆裂部以外にも、屋根や屋上防水の状態、笠木のジョイント部、高所のシーリングの状態、樋やパイプ類の状態など、建物全体を改めてしっかりと見て回ります。 最初の現地調査の段階で、これまでの経験値などからおおよその予想に基づき補修計画や修繕計画を立てますが、より詳しく補修箇所や方法を確認し検討するというタイミングが、この二次調査となります。 補修方法や作業の様子についてはまた次回のブログでご説明します。 本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 日進市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 建物診断、劣化診断は無料で承っております。 どうぞお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月16日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識現場日記新着情報

雨漏りについて【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   ぐずついたお天気が続きますね。梅雨もいよいよ終盤でしょうか。 今回は【雨漏り】【防水】についての内容です。 梅雨の季節や台風の時期など、入居者から雨漏りに関してクレームが入るのは大家さんにとっても頭の痛い話ではないでしょうか。 もし賃貸物件で漏水が発生してしまった場合ですが、基本的には大家さんが責任を持ちます。 【民法606条:賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う】と定められており、雨漏りの修理費用も部屋を貸している側の大家さんが支払いますというのが前提です。 (ただし、水の出しっぱなしなど入居者の過失によるものはイレギュラーのケースもあります) 雨漏りが発生してしまったら、よほど具体的に原因箇所が特定できている場合を除き、まずは原因を突き止める診断調査をしなければなりません。 よくある原因といえば ・屋根や屋上の防水シートの劣化 ・外壁のひび割れ、クラック ・シーリング材の劣化 ・樋や配管の劣化や破損 などです。 基本的な現地調査は無料で行っている業者が多いですが、散水検査などが必要な場合は有料となるケースが多くあり、 また原因となる箇所の特定が難しく、1回では終わらない事もしばしばあります。   原因を突き止めることができたら、これ以上の被害を防ぐために補修工事が必要です。 屋上防水、シーリングの施工、外壁ひび割れの補修など、漏水の原因となっている箇所やその劣化状況により補修方法も様々です。 場合によっては足場が必要だったり、大がかりな補修工事・防水工事が必要になることもあります。   そして、もし雨漏りが居室内にまで及んでいた場合、防水工事を行い漏水が無事に収まった後も、室内のメンテナンスが必要になります。 腐食した天井や壁の補修、壁紙(クロス)の貼替なども含めると、かなり大きなコストが必要になります。 雨漏りは、見えないところで発生していてもなかなか気づくことは難しく、居室内に被害が出る頃にはかなり劣化が進行している事が多いです。 劣化が進行すればするほど、補修工事に大きなコストがかかりますし、入居者とのトラブルにも繋がりかねません。 そして、漏水が発生してから慌てて工事を行うと業者の選定も落ち着いてできず、言われるがまま契約して高額になってしまった!という失敗例もあります。 ですが、早めの建物診断をちゃんと行うことで、ある程度それらの可能性を未然に防ぐことが可能です。   まだ何も手入れをしていない築10年~15年程度の賃貸物件をお持ちのオーナー様 ぜひ一度、建物診断・雨漏り診断を検討してみてはいかがでしょうか。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 防水工事、雨漏り診断 についてもお気軽にご相談くださいませ! 2021年7月8日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識新着情報

塗料の乾燥と定期点検について【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。 7月に入りましたね! 週間天気予報を見ると、東海地方の梅雨明けは再来週くらいでしょうか? 稼働中現場では、工程の調整をしながら雨の当たらない階段室やエントランスなどから優先して作業を進めております。 あまり雨が降らないと夏場の水不足も心配ですが、お天気仕事の私どもにとってはこの時期悩ましいところです...   さて、本日は塗料の乾燥期間と定期点検のお話です。 弊社では、完工後の定期点検を行っております。 外壁の塗料は、その種類にもよりますが、塗装後その機能を発揮するまで日数を要すものがございます。 そもそも塗装する際は、まず下塗り、そして中塗り上塗りと仕上げていきますが、 1㎡あたりに使う塗料の量や希釈率というのがメーカーによって定められています。 さらに、季節の温度等により、その塗装時間の間隔なども定められています。 これは各塗料のカタログにも明記されており、これらを守って正しく使うことが塗料の機能を発揮させる大前提となります。   そして、その大前提を守って塗装した塗膜が乾燥する時間が必要です。 塗装後数時間から数日経ち、手で触っても跡がつかなければ一見乾いたようにも思えますが、表面が乾いただけではまだ完全ではありません。 塗料にもよりますが、内部までしっかりと乾燥し、汚れなどにもしっかりと耐性が整う、また塗料本来の光沢が出るという“完成形”になるまで、半年から1年くらいとも言われています。   そのため、施工後の塗膜の状態を確認するためにも、半年、1年、3年、5年...と定期点検を行っております。 (もちろん、定期点検のタイミングでなくても何かあれば駆け付け対応致しますのでご安心ください) また、防水は居住者や大家さんにとっても重要な項目ですので、こちらも経過を見て状態を確認致します。   こちらのマンションは塗装後3年以上の経過となりますが、外壁、玄関ドアなどの鉄部含めてしっかりと塗膜も定着しており、まだまだ綺麗な状態と言えます。 共用部長尺シートの端部や、溝の防水もしっかりと定着しています。 アパートマンション修繕 外壁塗装 防水工事は、適切なタイミングでやることももちろん大切ですが 建物の資産としての価値を維持し、入居者(家賃収入)を維持するために、工事を行った後も大事だと考えます。   工事が完了してはい終了~ではなく、末永くお付き合いをさせて頂ける施工を行うとともに 大家さんが業者を選ぶ際には、定期点検や保証など、アフターフォローの充実さも含めてご検討頂ければと思います。   本日もお読みいただきありがとうございました!   ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ 工事後の保証や定期点検についても、お気軽にご相談くださいませ! 2021年7月2日 更新
大規模修繕の豆知識塗装の豆知識新着情報

マンションの外壁塗装について②【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   今回の記事は、マンションの外壁塗装についての内容 “その②” です。 ①をまだご覧になっていない方はこちらから → マンションの外壁塗装について①   今回は、外壁塗装による建物の耐久性の向上について解説致します。   建物の耐久性を高める(耐久性の向上) 外壁塗装の目的は、美観を高める=見た目をよくするだけではありません。 外壁塗装には、外装の保護機能を回復するという非常に重要な目的があります。 中でも重要なポイントは2つです。   新しい塗装で保護機能を高める 塗料は、美しい色だけではなく、外壁の保護機能も持ち併せています。 塗装にまつわる主な保護機能には、 耐候性…紫外線や雨による建物本体へのダメージを抑える 防汚性…汚れが付着しにくくなる 防水性…建物本体、外壁下地への浸水を防ぐ 遮熱性…太陽熱を反射し、室内の温度上昇を抑制する 断熱性…室内の暖かい空気が屋外に逃げにくくなる などがあります。   戸建てもそうですが、アパートやマンションでも大規模な塗装をそう頻繁に行うわけではありません。 そのため耐久年数とコストのバランスを見て、シリコン塗料など比較的グレードの高い塗料が使われる傾向にあります。 シリコン塗料の次にグレードが高いウレタン塗料もアパートやマンションの外壁塗装ではポピュラーな塗料ですが、約10年程度で耐用年数を迎える恐れがあります。 (新築のアパートやマンションは、大体このウレタン塗料で塗装されていることが多いようです)   収支計画や長期修繕計画をもとに、次回の外壁塗装を何年後に行うか、それまで何年くらい塗料を持たせたいかを考え、塗料のランクも検討する必要があります。 なお、マンションの大規模修繕工事は、国交省のガイダンスに基づき約12年に1度を目安に行うことが推奨されています。   外装の防水効果を高める マンションの外壁には、RC造やALC(軽量気泡コンクリート)パネルの上に吹き付けタイル仕上げで施工されたものが多くあります。 吹き付けタイル仕上げとは、タイル風に塗料を吹き付けて作る外壁のことです。 吹き付けタイル仕上げの外壁は、塗料にひび割れ(クラック)が起きて、隙間から浸水することがあるため、約10年に1度のひび割れ補修、再塗装が必要です。 ひび割れを放置していると、隙間から雨水などが浸入して、塗膜の膨れなどの劣化症状に繋がります。 水分により躯体の鉄骨や外壁材そのものが傷んでしまう原因にもなるため、塗膜の保護機能は重要といえます。 また、3~5階建てなど低層のマンションは、外壁表面に本物のタイル材が貼られているタイプも多いですよね。 タイル材は、劣化すると浮きや剥がれが生じ、防水性能が低下してしまうため、外壁を塗装する際にタイル材の張替えや浮いている箇所の補修が必要です。 (浮いているかどうかは、劣化診断時に打診調査を行ったりします) また、タイルの種類によっては撥水材塗料を塗布することもあります。   大規模修繕の外壁塗装とは、見た目だけでなく、建物の耐久性の向上にも大きく関わっています。 入居者様に長く快適に住み続けてもらうことが、継続的な家賃収入に繋がります。 大規模修繕の塗装を検討される際は、耐久性にも注目してみてくださいね。   本日もお読みいただきありがとうございました! ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ タイル補修方法、塗料の種類やその違いなどの疑問についてもお気軽にご相談くださいませ! 2021年6月29日 更新
大規模修繕の豆知識新着情報

マンションの外壁塗装について①【立島】

ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ! セーフティーライフ大規模修繕事業部SLIFE.DESIGNの立島です。   今回の記事は、マンションの外壁塗装についての内容です。 新築時はどんなに綺麗で、しっかりとした丈夫な鉄筋コンクリート造りのマンションも、 約10~15年も経過すると、外壁表面の汚れや防水機能の低下など、少なからず経年劣化が生じてきます。   通常、マンションの外壁塗装は、「大規模修繕工事」の中で行われます。 その理由には、美観の回復、耐久性の向上という二つの効果があるためです。 まずは美観の回復について解説致します。   1.外壁塗装で建物の資産価値を高める(美観の回復) 賃貸物件を持つ大家さんオーナー様の多くが、建物についての「外壁塗装による効果」と聞いて真っ先に思いつくものといえば、カラーチェンジではないでしょうか。 例え同じ色で塗装したとしても、アパートやマンションの外装の色を新しい塗料で美しく塗り替えることで、美観が復活します。 美観が維持されることで、居住者様だけでなく、内覧希望者や地域の方々の印象もよくなります。 見た目がよくなればマンションの資産価値もおのずと向上し、空室対策にも繋げることができるでしょう。 その中でも特に重要な点は以下の二つです。   ・外壁表面の汚れを落とす 外壁塗装では、まず外壁や屋根表面の汚れを落とす「高圧洗浄作業」が必要不可欠です。 業務用の強力な高圧洗浄機で、泥や排気ガス、コケやカビ、剥がれかかった既存塗膜などの汚れを落とす作業になります。 外壁表面のクリーニング効果だけでなく、その後の塗装の作業性も高めるという効果があります。   ・カラーリングで印象アップ もちろん、新しい塗料で塗り替えることによるカラーリング効果も大きな意味を持ちます。 古く色あせた塗料がなくなり、色つやも発色もよい塗料で新たに塗装されることによって、マンションの印象も大きく向上し、入居者促進=空室対策にも繋げることができるでしょう。 また、建物のイメージを新しくする際、内装工事や大がかりなリフォームは高額な費用がかかりますが、外壁の色を変えることであれば塗装費用で納めることができます。 時代にあったトレンドカラーや、地域性、居住される方の年齢層などに合わせて、様々なカラーリングを検討し、イメージを一新することも可能です。 アパートやマンションにおいて、大規模修繕工事によって外装の美観と耐久性を保つことは、内覧をする入居希望者への大きなアプローチとなるだけでなく、現在住んでいる居住者様に、より快適な住環境を提供することが可能となるのです。 実際に、カラーリングを変えたデザイン塗装で入居率UPに成功した事例もございます。 随時ホームページでも情報公開していきますのでお楽しみに♪   多くのアパートマンションの大規模修繕工事で外壁塗装が行われている二つの理由の内、耐久性の向上につきましては、また次回のブログで解説させて頂きます。 本日もお読みいただきありがとうございました!   ========================= ◆マンションアパート修繕、メンテナンスをご検討中のオーナー様 お電話でのお問合せ・ご相談はもちろんのこと こちらのお問い合わせフォームでも随時受け付けております。  ↑クリックしてください   ◆随時相談会実施しております。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため 席数や店内人数の制限を設けております。 ご来店を希望される方は、事前のご予約にご協力をお願い致します。 お電話もしくは下記フォームから、 「ショールーム来店予約を希望」とお申し出くださいませ。 ご予約フォーム←こちらをクリック ※来店時マスクの着用、検温、アルコール消毒のご協力をお願い致します。   ◆施工事例とショールームについてはこちらをご覧くださいませ。 施工事例はこちら←クリック ショールームについてはこちら←クリック ========================= 名古屋市 尾張旭市 瀬戸市 長久手市 愛知県の マンションアパート大規模修繕専門店SLIFE.DESIGNへ デザイン塗装についてもお気軽にご相談くださいませ! 2021年6月23日 更新
大規模修繕の豆知識新着情報

地域密着2,000件の豊富な施工実績

はじめまして!のお客様、お久しぶりです!のお客様、いつもお世話になります!のお客様、ようこそ、SLIFE.DESIGNのホームページへ。代表の田村です。
このたび、尾張旭市東本地ヶ原町の国道沿いに、【大規模修繕の専門ショールーム】として店舗を構える運びとなりました。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に利用でき、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、弊社創業当時からのモットーであります。
皆様の大切な資産ともいえるマンションやアパートは、一つとして同じものなんてありえません。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに対応も違います。違わなくてはならないのです。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より質スタイルのお店です。
こんな強い想いを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれるスタッフ達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
どんな些細なご相談でも大歓迎です。ぜひ、お気軽にショールームへお立ち寄り下さい。

SLIFE.DESIGN
代表取締役田村 友宏

皆さまのお越しを
お待ちしております!!

  • 尾張旭ショールーム
  • 尾張旭ショールーム

近いから安心!
大規模修繕専門ショールームOPEN!

〒488-0033
愛知県尾張旭市東本地ヶ原二丁目125番地 JIN晴丘ビル
フリーダイヤル:0120-330-321 TEL:0561-56-3517 FAX:0561-56-3518
9:30~18:00(日曜・祝日定休)

定期開催中 オーナー・管理会社様のための大規模修繕セミナー お申し込みはこちらから
大規模修繕を成功させる!オリジナルガイドブック